子どもがいても、パートで働けるか

会計事務所とは、公認会計士や税理士が経営する事務所のことを言います。

SITE NAVI

会計事務所におけるパートの仕事内容とは

会計事務所とは、公認会計士や税理士が経営する事務所のことを言います。その業務内容は、会計帳簿の記帳、税務相談、各種税の申請代理、税務署との調整、行政不服申立等を行います。また、司法制度改革により、税理士法が改正され、税務訴訟において税理士が訴訟代理人弁護士とともに訴訟補佐人として、法廷で陳述することが可能となりました。このような会計事務所におけるパートの仕事内容とはどのようなものなのでしょうか。まず、顧問先の中小企業や個人事業者への各種対応です。会計事務者は自営業者であるため、このような顧客との関わりが非常に重要となります。したがって、パートには細心の対応が求められます。

次に、会計業務です。会計事務所という特性から、パートは公認会計士や税理士が作成することが出来る書類の作成補助を行うことになります。この業務を行う為には、簿記や会計に関する知識が必須です。したがって、出来れば簿記検定1級の取得が望ましく、最低でも2級までは取得しておかなければなりません。会計事務所でのパート勤務を検討している人は、簿記検定の2級以上をまず取得するようにしましょう。ほとんどの会計事務所においては、採用条件とされています。